優待銘柄

【2018年版】5万円以下で購入可能な優待銘柄まとめ④(6000~7000番台)

pixel2013 / Pixabay

ちょっと間が空いてしまいましたが、前回からの低位優待銘柄総ざらいの続きです。
前回は4000番台を紹介しましたが、5000番台は該当する銘柄がないため、今回は6000番台からの紹介になります。
以下、証券コード順です。
※株価は11/24終値ベース

<6181>パートナーエージェント

結婚相談所、と言ってしまえば少々古臭く感じますが、「婚活」ブームで一躍世間に躍り出た企業です。

優待内容は入会無料優待券(3万円相当)、パーティー無料優待券など。
既婚者の方は利用機会がなさそうですね。
逆に婚活に意欲的な方にはよい内容と言えそう。

権利確定月:9月末日
単元株数:100株
株価:341円
配当:なし

参考URL
https://www.p-a.co.jp/ir/faq/index.html#acQ10

<6356>日本ギア工業

その名の通り歯車を製造しまくっている日本ギア工業。

優待内容はクオカード1000円分。年2回です。
今年新設されたこの優待の影響で、株価が一時上昇。
現在は権利落ち後、5万円以下まで値をさげています。
3月の権利までにどこかで購入したいと思っている人も多そう。

権利確定月:3月末日、9月末日
単元株数:100株
株価:476円
配当:あり

参考URL
http://www.nippon-gear.jp/manager/f/topics/43/1.pdf

<6628>オンキヨー

オーディオメーカーとしては定評のあるオンキヨー。
スマートスピーカー関連で一時株価が倍以上になりましたが、現在はゆるやかに定位置に戻りつつあります。

オンキヨーの優待内容は、自社ECサイトで使える1000円クーポン券(3月)と、自社音楽配信サービスで利用できる1曲分のクーポン券。
優待的にどうかと言われると微妙ですが、個人的には応援したいメーカーです。
オンキヨーの高級コンポとかいつの日か揃えたいなと……。

権利確定月:3月末日、9月末日
単元株数:100株
株価:181円
配当:なし

参考URL
http://www.jp.onkyo.com/ir/yutai.htm

<6634>ネクスグループ

フィスコ傘下。無線通信から介護、ロボットまで多様な事業領域を持つネクスグループ。

優待内容は、グループ企業で旅行手配を行った場合の5000円~1万円割引優待券。
加えて、岩手・花巻温泉の提携旅館で利用可能な10%割引優待券になります。
両方ともに年2回。
優待の使いやすさとしては微妙ですが、使用した場合の利回りは高いものがあります。

権利確定月:5月末日、11月末日
単元株数:100株
株価:398円
配当:なし

参考URL
https://info.finance.yahoo.co.jp/stockholder/detail/?code=6634

<6636>ソルガム・ジャパン・ホールディングス

バイオ燃料関連にトライしているソルガムJHD。
画像資料をフォトショップで加工してあったり……個人的にはなんだかヌケてるイメージが先行している企業。

優待内容は指定レストランで使える20%OFF優待券なのですが、
下記のIRを見ると、渋谷・新宿・仙台にしか使える店舗がないんですね。
これはかなり使い方が限られそうです。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:267円
配当:なし

参考URL
http://sorghum-jp.com/wp-content/uploads/pdf/20160516e_ir.pdf

<7022>サノヤス・ホールディングス

造船を軸にレジャー施設の運営なども行っているサノヤスHD。

優待内容は東京・お台場にあるパレットタウンの大観覧車利用券2枚です。
個人的にはそんなに毎年乗るものでもない気がしますが、
手元に優待券があったら子供連れでいくかも?
首都圏在住の方なら使えそうな優待内容です。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:303円
配当:あり

参考URL
http://www.sanoyas.co.jp/ir/incentive.html

<7455>三城ホールディングス

「メガネ~の~パリ~ミ~キ~♪」を展開している三城HD。

優待内容は店舗で使える優待カード2枚になります。
提示すれば通常価格より20%引きとなるため、新しい眼鏡を購入する際にはありがたいハズ。
配当が3%超えなので、こちらを目当てにしてもよさそう。

権利確定月:3月末日、9月末日
単元株数:100株
株価:469円
配当:あり

参考URL
http://www.paris-miki.com/investor/shareholders_info_4.html

<7502>プラザクリエイト本社

「プラザクリエイト本社」までが会社の名前。
DPE店・パレットプラザを展開しています。

こちらの優待内容は、デジカメプリントに使える優待券1000円分(3月)と、年賀状印刷に使える優待券500円分(9月)。
今や誰もがスマホで写真を撮る時代ですが、記憶媒体が復旧不可な状況に陥れば、もちろんデータも消えてしまいます。
そういった意味で、紙焼きする重要性はデジタルに移行してより増しているのではないかなあと。写真の話です。

権利確定月:3月末日、9月末日
単元株数:100株
株価:361円
配当:あり

参考URL
http://www.plazacreate.co.jp/investor_03.html

<7513>コジマ

郊外を中心に家電量販店を展開するコジマ。
ビックカメラ傘下です。

優待内容はコジマ、ビックカメラ、ソフマップで使える500円分の優待券2枚。
コジマだけでなく、ビックカメラやソフマップでも使えるのがいいですね。
ビックカメラの株価は1400円OVERですので、手の届かない方でもコチラで優待をGETできます。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:358円
配当:なし

参考URL
http://www.kojima.net/corporation/ir/welcome.htm

<7544>スリーエフ

コンビニチェーン・スリーエフ。
「星より明るく」ですね。
首都圏で結構手広く展開しているイメージがありますが、神奈川地盤のようです。

こちらの優待内容は、店頭で使える500円分の優待券。
300株所有すると優待券が2000円分に増えるので、資金に余裕がある方は持ってみてもいいかも。
近くに店舗がないなど個々の環境にもよりますが、コンビニということで使いやすさは申し分ないでしょう。

権利確定月:8月末日
単元株数:100株
株価:340円
配当:なし

参考URL
http://www.three-f.co.jp/ir/stockNotes.html

 

<7638>NEW ART

旧シーマ、超低位株の常連NEW ARTの優待内容は下記になります。

・「銀座ダイヤモンドシライシ」「エクセルコ ダイヤモンド」の全店舗で使用可能なジュエリー商品の割引(15%・20%)カード
・エステティックサロン「ラ・パルレ」にて契約時にプレゼント進呈(国内全サロンにてご利用可)
・ニューアート・クレイジー直営店およびオンラインショップにて使用可能な割引(20%)カード
・軽井沢の結婚式場「風通る白樺と苔の森〈チャペル〉」のチャペル使用料金の平日50%割引、土日祭日30%割引サービス

年に数回ジュエリーを購入する方なら持っていて損はないかも?
優待よりも、いつこのポジションを脱するかが気になる銘柄です。
意外に配当もあります。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:28円
配当:あり

参考URL
http://newart-ir.jp/ir/yutai/

<7868>廣済堂

求人関係や業務用LED、斎場まで手掛けている老舗企業。

印刷・出版関係をメインに据える会社らしく、優待内容は500円分の図書カード。
使いやすさは申し分ないですね。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:433円
配当:なし

参考URL
http://www.kosaido.co.jp/ir/incentives.html

<7883>サンメッセ

岐阜地盤、印刷をメインに事業展開している企業です。

優待内容はクオカード1000円分。
使い勝手は申し分ないでしょう。
少ないながら配当利回りもあります。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:475円
配当:あり

参考URL
https://www.sunmesse.co.jp/ir/stock/benefit.html

<7939>研創

街中の金属製サインを手掛ける研創。
こちらの優待は今年発表されたもので、発表後は一時S高を付けるなど話題を呼びました。

優待内容はクオカード500円分。
ニッチな業種でシェアをガッチリ固めていることから、堅い銘柄と言えそう。

権利確定月:3月末日
単元株数:100株
株価:479円
配当:あり

参考URL
https://www.kensoh.co.jp/archives/001/201707/47c44cfe8bfb787c8fdb903cd31bc479.pdf

さいごに

6000~7000番台をまとめてみました。

・<7513>コジマ
・<7544>スリーエフ
などはやはり使い勝手がよさそうですね。

前回の更新から間が空いてしまいましたが、
その間に1単元の取得価格が5万円以上になったものもあれば、新たに対象銘柄へ落ちてきたものもあり。
2週間程度でずいぶん様相が変わった銘柄が散見され、やはり低位株に旨味はあるなあと再認識です。

次回は8000番台以降をまとめていきます。

※本記事は当ブログ管理人の個人的見解によるものです。
※事実と異なる点などございましたら、コメント欄にてご一報いただけますと幸いです。

-優待銘柄
-,

© 2021 年収400万円台からの低位株投資